頚椎症 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の頚椎症治療についてお話いたします。

頚椎症治療の危うさ難しさ




 頚椎症になると激痛が襲います。

ヘルニヤで神経が圧迫されて痛みが襲ってくるのですが、現在の対策は椎間板を切除する方法が取られます。

しかし頚椎には様々な神経が通っているため、手術は難しいものになります。

年齢が高くなると骨がもろくなるため、椎間板ヘルニヤでなく骨粗鬆症から来る場合は圧迫している骨を取り除くことになります。

しかし取り除いたあとはそこを補強しないと、頚椎はもたなくなるので金属を使うことになります。

その金属のだすイオンすなわち微弱な電流で、神経のしびれや痛みがのべつ幕なし発症することになります。

中には血行障害を伴い強い冷感で苦しむ方も診たことがありますが、手術後ではその効果も限定的でした。

頚椎の周りには様々なツボがあります。

特に盆の窪と言われるところに、亜門というツボがあります。

学生時代先生が「このツボは効くよ」とおっしゃっていたのが耳に残っています。

しかし気をつけないと、延髄が近くあるのでとても危険なツボにも変わるのです。

これは聞いた話ですが、中国の文化大革命で知識人や医者それに有名鍼灸師なども、殺されてしまった時代がありました。

上流階級の人たちが食糧増産の名目で農村に行かされ、なれない農業で筋肉痛などの障害を起こすことが多かったそうです。

そこで紅衛兵と呼ばれる、今彼らはチンピラと言われているそうですが、簡単な鍼治療の指導を受け農村部に送り込まれて行ったそうです。

彼らは裸足の医者と言われ、使っていた教科書がありました。

教えていただいていた先生の蔵書に、この本が置いてあったのを見て驚いたことがありました。

亜門のツボが効くのでこれが多用されたそうです。

しかしどこまで深く刺して良いのかを教えてもらわなかったので、死者がたくさん出たそうだと聞いたことがあります。おお恐!

頚椎症の痛さは半端な痛さではないようです。以前こられた方は、腕を切り落としたいと言っていました。

皇后陛下がつい先日この病気になったと報道されていました。

幸いなことに手術もなさらず、現在は快方なさったようで一安心です。

高麗手指はこのような疾患でも、手指で治療できます。

延髄などを傷つけることもなく完治に至る、優れた治療法と言えるのではないでしょうか。
 頚椎症になると激痛が襲います。

ヘルニヤで神経が圧迫されて痛みが襲ってくるのですが、現在の対策は椎間板を切除する方法が取られます。

しかし頚椎には様々な神経が通っているため、手術は難しいものになります。

年齢が高くなると骨がもろくなるため、椎間板ヘルニヤでなく骨粗鬆症から来る場合は圧迫している骨を取り除くことになります。

しかし取り除いたあとはそこを補強しないと、頚椎はもたなくなるので金属を使うことになります。

その金属のだすイオンすなわち微弱な電流で、神経のしびれや痛みがのべつ幕なし発症することになります。

中には血行障害を伴い強い冷感で苦しむ方も診たことがありますが、手術後ではその効果も限定的でした。

頚椎の周りには様々なツボがあります。

特に盆の窪と言われるところに、亜門というツボがあります。

学生時代先生が「このツボは効くよ」とおっしゃっていたのが耳に残っています。

しかし気をつけないと、延髄が近くあるのでとても危険なツボにも変わるのです。

これは聞いた話ですが、中国の文化大革命で知識人や医者それに有名鍼灸師なども、殺されてしまった時代がありました。

上流階級の人たちが食糧増産の名目で農村に行かされ、なれない農業で筋肉痛などの障害を起こすことが多かったそうです。

そこで紅衛兵と呼ばれる、今彼らはチンピラと言われているそうですが、簡単な鍼治療の指導を受け農村部に送り込まれて行ったそうです。

彼らは裸足の医者と言われ、使っていた教科書がありました。

教えていただいていた先生の蔵書に、この本が置いてあったのを見て驚いたことがありました。

亜門のツボが効くのでこれが多用されたそうです。

しかしどこまで深く刺して良いのかを教えてもらわなかったので、死者がたくさん出たそうだと聞いたことがあります。おお恐!

頚椎症の痛さは半端な痛さではないようです。以前こられた方は、腕を切り落としたいと言っていました。

皇后陛下がつい先日この病気になったと報道されていました。

幸いなことに手術もなさらず、現在は快方なさったようで一安心です。

高麗手指はこのような疾患でも、手指で治療できます。

延髄などを傷つけることもなく完治に至る、優れた治療法と言えるのではないでしょうか。